Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

挨拶と学力は関係するか

今年は夏休みの短縮が影響して、夏期講習会の日程も例年とはかなり違ったものになりました。

そんな夏期講習も明日で終了。受講生の皆さんには、講習期間中に学んだことを活用してぐんぐん成績をアップさせてもらいたいなと思います。
さて、講習期間中は当然午前中から授業がおこなわれます。
眠そうにしながら入室する生徒もいれば元気いっぱいの生徒もいるわけですが、気になったのがあいさつ。
先生達は当然毎朝生徒たちに「おはよう!」とか「眠そうだね−」などと声をかけるのですが、生徒の中にはろくに言葉を返さない子も結構いました。今年は特にそれが気になりました。
よくあいさつができる子は学力も高いと言われたりしますが、経験上私もその意見に賛成です。あいさつをすると成績が上がるというよりも、成績の良い子にあいさつをきちんとできる子が多いという印象。
考えてみると、あいさつというのは相手との関係を円滑にするための手段なわけです。積極的にあいさつをする子は自分と相手との関係を客観的に見ることができていると考えても良いでしょう。そして自分が学ぶ立場であるという自覚がある子は、教えてもらう相手に対して「よろしくおねがいします」の意味を込めて挨拶をする。そこで積極的に学ぶ姿勢づくりができているのかなと思います。
先生に「おはようございます」と言われて、「おう」なんて返事をする子は、やはり授業でもお客様としての対応を求めてしまうのかもしれません。分からないものは自分で調べなくても先生の方で全部答えを用意してくれて当たり前、宿題をやらなくてもかまわないよねなんて考えで授業に臨まれてはわれわれも困ってしまいます。
あいさつで成績がアップするわけではありませんが、授業前に自分で学ぶ態勢に切り替えるツールとしてはあいさつはとても重要なものではないかなと思います。
また、自分主体のものの考え方から客観的思考へと切り替えるきっかけとしても、学生の皆さんは今一度あいさつの重要性を考えてみてもいいのではないでしょうか。
東の森進学会/まなびの杜進学会
体験授業受付中です!
  • 2020.08.22 Saturday
  • 22:50

-

スポンサーサイト

  • 2020.08.22 Saturday
  • 22:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment