Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

あいさつと学習の関係

みなさん、あいさつしてますか?
「そんなもん毎日やってるよ」
という人もいるでしょう。でも、あいさつにもいろいろなやり方があるんですよ。

目を合わせることなく、うつむいて「はよーございます・・・」と消え入りそうな声であいさつをするA君。
相手の目を見て、元気な声で「おはようございますっ!」とあいさつをするB君。

どっちが得をするのでしょう?

あいさつに損得なんかないだろうって?
そう考えたあなたは甘いです!

あいさつはコミュニケーションのきっかけとなる大切な行為です。
相手がどんなに親しい人であっても、やっぱり目を合わせて元気にあいさつしてもらった方がうれしいですし、その後の会話も弾むというものです。いつもきちんとあいさつしていれば、体調が悪かったり気分が落ち込んでいるときに気付いてもらえるかもしれません。いつも元気にあいさつしているアイツが、なんだか今日は元気がないぞ・・・ といった感じで。
あいさつひとつで人間関係も良好になりますし、お互いに気持ちよく時間を過ごせるわけですから、やはりおろそかにはしたくないですね。

そしてもうひとつ。あいさつには学習効果をアップさせる力もある! と私は思っています。

以前から、教室に入るときに元気にあいさつする子は、他の子よりもグンッと成績が伸びるなぁと感じていました。
偶然にしてはその数が多すぎます。やはりあいさつの仕方と成績にはなにか関係がありそうです。
おそらく、元気にあいさつをする子は、そうすることによって自分自身の気持ちを高めているのでしょう。
勉強するときに「あ〜あ、もう勉強する時間か。めんどくさ〜」とぼやきながら始めると、なんだか本当にやる気がなくなってしまいますよね。やはり「よし、今からしっかり集中するぞ!」と自分自身を奮い立たせて勉強に取り組んだ方が効果的に学習できそうです。

あいさつにはコミュニケーションツールとしての役割のほかに自己暗示の効果もあるように思います。
教室に入るとき、「こんばんは!」と元気に入ってくる子は、「いまからがんばるぞっ!」と自分自身に上手に暗示をかけているのかもしれません。

本人は意識していないのでしょうが、うまいやり方ですね。
 
  • 2014.10.10 Friday
  • 00:36